【至急】キャッシング借りたい ncperid.org

  おすすめ順 年利 限度額 即日融資
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円 平日14:00時までに
WEB契約完了で当日振込
オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローン
3.0%〜17.8% 最高800万円 審査完了後
モビット
モビット
4.8%〜18.0% 1万円〜500万円

14:50までの
振込手続完了で当日振込可

(審査結果により不可の場合有)

カードローンとは?

急な出費というものは、長い人生の中で誰にでも起こりうるものです。どれだけ注意していても、思いもかけない事態に遭遇し、手元のお金が不足する場合があります。そこような場合に、役立つのがカードローンによる借入です。

 

最近の私達の生活でも利用する機会の多いカードローンとは、どのような特徴があるのでしょうか。教育ローン、カーローン、キャッシングといった融資と何が違うでしょうか。

 

カードローンとは、無担保・無保証の個人向け小口融資のことです。本人の確認と、個人信用情報に応じてお金を借りることができ、基本的に毎月決まった日に分割で返済していく融資商品をいいます。専用カードが発行され、そのカードを使ってATMやCDからお金を引き出すことから、カードローンと呼ばれています。

 

身近でよく聞かれるものが、クレジットカードのカードローンではないでしょうか。普段のショッピングなどで利用する他、公共料金の引き落としなどでも利用する機会の多いクレジットカードには、通常「ショッピング枠」とは別に、リボルビング方式で返済を行う「キャッシング枠」が付与されています。

 

クレジットカードに別枠を設けて融資を行う商品を「信販系カードローン」といいます。カードローンには、その他にも「銀行系」「消費者金融系」などがあり、近年様々な業界で参入が盛んになっています。

 

カードローンは、銀行などの目的型のローン、例えば自動車ローンや教育ローンなどとは仕組みが異なります。目的型ローンは、必要金額の融資を受け、借りた金額を毎月分割で返済していく融資です。対してカードローンの場合には、利用限度額が決められます。

 

個人信用情報などを元にした審査で決定された借入限度額の範囲内でATMやCDなどから自由に借入を行うことができます。借入限度額は、収入や他社の借入状況などを総合的に判断した審査で決定されます。

 

返済についての方式には様々な形があり、元利均等方式、元金均等方式、残高スライド方式などの返済方式が商品により決められています。いづれにしても、一度きりの融資ではなく、借入と返済を繰り返していく融資がカードローンの特徴です。

 

お金を借りること自体を「キャッシング」と呼ぶことがあります。実は、「キャッシング」と「カードローン」は金融用語上は別の融資です。

 

無担保で受ける融資という点は、両者とも同じなのですが、違いは返済方法にあります。「キャッシング」は通常翌月一括返済が基本です。借りたお金は、翌月の返済日に利息を加えて一括で返済します。利用できる上限金額も数十万円単位が最大と、カードローンに比較して少なくなっています。

 

対して「カードローン」の場合は、分割返済が基本です。リボルビング方式などにより、借りたお金は毎月の返済日に少しづつ返済していきます。利用限度額もキャッシングに比較して高くなっており、数百万円単位がほとんどです。その分長期にわたる返済となりますので、利用にはより計画性が必要になっています。

 

金融上はこのような違いがあるのですが、最近では両者の使い道は非常にあいまいなものになっています。カードローンでも一括返済が可能であり、逆にキャッシングと呼ばれる融資商品でも分割返済が可能になっています。

 

借入限度額の差も非常にあいまいな解釈がとられていますので、言葉だけに惑わされないようにすることが大切でしょう。商品内容自体をきちんと確認して、自分の目的や返済能力に応じた商品を選び出すことが必要であるといえるでしょう。

 

参考:今すぐお金を借りる方法【今日中にお金を借りたい人必見!】